顧客満足型セミナーと顧客獲得型セミナー

「高額セミナーを作りたいけど、
カリキュラムはどのように作ればいいの?」

 

「アンケートでは、とても満足しましたと書いてもらえるけど、
リピートしません。」

 

「フロントセミナーから
バックエンドセミナーへ繋ぐことができません。」

 

どうしてだかわかりますか?
講座プログラム設計の基本を知らないからです。

 

お客さんが、「あっ、この講座受けてみたい!」
という講座プログラムを設計するには、
ルールと順番があります。

 

私は13年間で公益財団が監修する認定講師を
47,000名養成する仕組みを構築しました。

 

普通の主婦が1000名以上のインストラクターを養成し、
年商4000万円を更新している認定講師もいます。

 

その人がカリスマ講師になりえた秘訣は何でしょう。

 

1.良いコンテンツはある。
2.知識・スキルもしっかりしている。
3.話しも上手。
でも、

講師としてなかなか飛躍できない。
認定講師も育成できない。

 

カリスマ認定講師にあって、
あなたに足りないものは何でしょう?

 

それは、
講座プログラム設計の仕組みを

理解していないからです。

 

 

セミナーは2種類あります。

 

1つが、

顧客満足型セミナー。

これが先程、お伝えした

受講生をゴールに導くセミナーです。

 

講座の目的は、受講生を

ゴールに導くことです。

 

そのゴールでどのようなベネフィットを

与える事ができるかを示す事です。

 

 

そして、

もうひとつが、顧客獲得型セミナー。

 

この違いを理解して、

セミナーを組み立てなければいけません。

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事

協会ビジネスアカデミー