新-家元制度 ビジネス構築

講座ビジネスモデル構築 協会ビジネスモデル構築

年商3億円を目指す人向け

教育を自分の企業に取り入れ、 一気に業界NO1になる 「成功する事を決める」 未来デザインで描くビジネスモデル構築講座

ほとんどの企業が、顧客獲得と継続に悩みを抱えています。

 

広告で見込み客を増やし、その後、営業活動を通じてお客様になっていただく。

 

顧客満足度を高める努力をし、リピートしてもらう。

 

こうやって丁寧に事業基盤をつくっていくのが会社を成長させる確実な方法であることに間違いはありません。

 

しかし、ある程度成長したあとは、行き詰まりを感じてしまいます。

 

広告を増やしても、営業活動を増やしても、見えない

壁が立ちはだかっている・・・。

 

業界にあなたの会社しかないのであればいいですが、成長市場であるほど多くの企業が参入します。

 

その中で「圧倒的な信頼」を得ることは、

株式上場でもしない限り難しいでしょう。

 

多くの中小企業の経営者は、この見えない壁に頭をかかえているのです。

 

この壁を打破する方法があります。

 

教育事業を取り入れることにより、業界NO.1の地位を築き上げることです。

 

ここで、神田昌典さんが新・家元制度を紹介してくれた文章を披露します。

一歩一歩上がるのではなく、頂上から降り立つモデル

広告や書籍による集客を考えていたことが、幼稚園レベルに思えてくる、新しい事業モデルの提案です。

下からひとつひとつ積み上げるのではなく、上から一気に降り立ち、業界リーダーを目指します。

 

コンサルタントおよび経営者にとって、目の前の光景が180度変わる素晴らしい事業モデルがあります。

株式会社コロネット代表取締役 会長・前田出さんが実践、信じられないほどの実績をあげているのですが、社会的な意義がある検定・認定制度を立ち上げ、優秀なインストラクターを育てる方法論です。

 

ヘビーユーザーを短期間に集めることができるので、一気に業界リーダーになってしまうのです。

このモデルに比べれば ― わたくしが教えてきたもっとも効果的・効率的な方法論ですら ― 幼稚園レベルに思えてしまいます。

 

持続的な成長を目指す、前向きな経営者にはぜひお伝えしたい内容です。

 

早速、いままでのモデルと対比しながら、新しいモデルを解説いたしましょう。

 

たとえば、あなたの会社がクッキーを製造・販売していたとしましょう。

 

いままで会社を成長させるためには、お客と売り手との人間関係をベースとしながら、信用を積み上げていくモデルが一般的でした。

 

具体的には、まず徹底的にこだわりのクッキーをつくり、全国通販が可能になる粗利を得るに十分な価格設定をします。そしてインターネットやマスコミを通じて情報を発信、顧客を集めます。その顧客をファンにすることよって、高い生涯価値を引き出していくのです。

 

これは顧客を丁寧に増やしていきながら、事業基盤を創る確実なモデルでした。このモデルにおいては、会社の収益性および安定性は、顧客リスト数、および優良顧客比率で決まります。そのため会社にとっての成功の鍵は、広告を通じて効果・効率的に顧客リストを集め、ファンに育て上げることでした。

 

しかし、このモデルで事業を築いてきた会社は、ある程度、成長したあとは、行き詰まりを感じてしまいがちなのです。

 

なぜなら広告や書籍でいままでは効率的に集客できていたとしても、あくまでもゲリラのままであり、大手企業のような圧倒的な信頼性を築くことは難しいからです。

 

こうした新興企業に対する障壁 ― ブランディングにおける見えない壁 ― は、優秀な経営者であればあるほど、重くのしかかっているはずです。

 

ところが、この行き詰まりを打開するモデルがあるのです。

 

ほとんどの商品・サービスが、コンテンツ産業、教育産業化していく時代

そのモデルとは、あなたの会社が業界の先頭にたって、商品・サービス知識を標準化し、認定制度を立ち上るのです。

そして標準化された 技能や知識を教える認定講師を多数育成します。

すると、すべての商品・サービスを、コンテンツ産業化(=教育産業化)できるので、粗利 が急上昇することになります。

 

具体的に説明します。

あなたの会社が、こだわりのクッキーを販売していたとしましょう。

こだわりのクッキーをつくっているからには、クッキーに対する相当な知識や思い入れがあるはずです。

 

その知識を標準化し、認定制度をつくるのです。良質な クッキーの定義、クッキーの正しい食べ合わせ、クッキーを食べるマナーなどなど、クッキーをめぐっては諸説がさまざまあります。

 

そういった知識の標準化作 業に関わる会社には、さまざまな先行者利益が生じます。一例をあげれば、次のとおりです。

 

  • 注目が高まります。
  • ヘビーユーザーが集まります。
  • 優良顧客、富裕層が集まります。
  • 講座開催により、粗利が大幅にアップします。
  • 発言力が高まります。
  • 優秀な人材が集まります。
  • 提携先企業が集まります。

つまり普通のクッキー屋さんが、品質標準化作業をはじめたとたん、業界の中心になってしまうのです。

認定講師が育ち、そのまわりには優良な顧客が自然に集います。

非常に強力なコミュニティができあがりますので、大手食品会社でさえ、そのクッキー屋さんの認定マークを欲しがるかも知れません。

 

これは決して笑い話ではなく、事実です。

クッキーというのは私の創作ですが、実は、本教材で紹介されている認定講師の事例を、類似商品であるクッキーと置き換えてみただけなのです。

 

認定制度は、多くの商品・サービスで成り立ちます。

一般的にはB to B(法人向け商品)よりもB to C(消費者向け商品)の事業が立ち 上げやすいです。

 

しかしコーチング資格であるとか、会議ファシリテーター資格といったように、認定をうける人にメリットが生じ、 ある程度、将来的に市場が広がる予想ができるのであれば、もちろん法人でも認定資格制度を立ち上げることはできます。

(神田昌典)

 

そして、スタンダードを決めるあなたが業界の中心になるのです。

「新・家元制度」をあなたの企業に導入することにより、

一気に業界NO1 になることFが可能になります。

 

「家元制度」は、古くは平安時代から、日本の芸能・芸道を広め、何百年も続くほど安定的で収益性が高いのが特徴です。

過去の納税番付には家元が何人もランクインしています。さらに、日本人の文化レベルを引き上げる「社会貢献性」も持っています。 その「家元制度」の良さを残しながら進化させたものが「新・家元制度」です。

 

実際にこの仕組みで押し花は日本ヴォーグ社のふしぎな花倶楽部が30,000人。

ビーズはコロネットの楽習フォーラムで23,000人の先生が短期間で誕生。

ふしぎな花倶楽部の押し花事業は、年商 30 億円。

ビーズを中心にした楽習フォーラムは年商 9 億円の事業を作り出しました。

 

驚くほど短期間で業界NO.1のポジションを獲得し、継続性の高い会員化を図ることで、長期的に安定した収益を上げるモデルを 作り出しました。

つまり、「新・家元制度」を企業に導入することにより

 

• 安定性

• 収益性

• 社会貢献性

 

を持ち、一気に業界NO.1になれるモデルなのです。

 

1)顧客獲得コストゼロの理由

なぜ、「新・家元制度」の仕組みは顧客獲得コストがかからないのか? それは、生徒をつくるのではなく、先生をつくるからです。カルチャー 教室事業や多くの通信教育事業が販売しているのは「習いましょう」というカリキュラムです。「生徒」を集め続けることで事業を拡大し、 収益を上げています。

 

一方、「新・家元制度」の仕組みを使って販売するのは「先生になりましょう」というカリキュラムです。

カリキュラムを修了して認定講師になった人たちは、ITを活用したアプローチでは到達できない客層にリアルコミュニケーションでアピール してもらいます。

認定講師は、自ら活躍する場所を見つけ、熱心に受講生を集め、指導や商品販売をします。

認定講師一人ひとりが広告拠点となり、販売代理店となってくれるのです。

あなたの仕事は、教える事ではなく、素晴らしいカリキュラムを作り、業界のスタンダードとなる教科書にまでする。 そして、認定講師をブランド化し、サポートする仕組みを作り出すことです。

 

2)継続率100%を目指す

「継続率」の悩みも、クリアできる仕組みを「新・家元制度」は持っています。

楽習フォーラムでは、年会費を毎年更新する会員継続比率は96%。

わずか、4%の人しか退会しません。 新・家元制度の事業構築の6つのステップは、

  • 1.器をつくる
  • 2.冠をつくる
  • 3.標準化する
  • 4.検証する
  • 5.結果を出す
  • 6.コミュニティをつくる

です。これを順番にやっていきます。 そして、あなたは、ビジネスパートナーである認定講師をブランド化し、出口戦略として「6つの報酬」の仕組みを作り上げます。

  • 1.お金
  • 2.ポジション
  • 3.やりがい
  • 4.スキルアップ
  • 5.仲間
  • 6.人間性

これらを、報酬として、組み合わせて提供することにより、帰属性の強い会員制度を構築することが出来ます。

 

「新・家元制度」は、社会的影響が大きいことを再度つけ加えておかねばなりません。

明確なビジョンを持たず、お金を儲けるためだけにこの事業をはじめても、いいメンバー、いい先生、いい生徒が集まるはずがありません。

年収1億円を目指すために、協会を始めても成功しません。

 

志の低い組織には志の低い人、儲けたい人しか集まりません。

まずは、なぜこの事業をやりたいのか?

その事業がどのような社会的意義を持つのかを真剣に考えてください。

 

コンテンツは切り売りして終わりですが、それをカリキュラムとして標準化し、認定まで出すからには、一生続けるという強い決意と責任感、そして事業を継続させる仕組みが必要です。

自分の力で変革を生もうとする志を同じく持つビジネスパーソンや起業家がこの仕組みを使い、新たな息吹を業界に、日本に吹き込むことを祈念しています。

 

私たちは、熱い志を持ったパートナーを求めています。

一緒に、新しいビジネスモデルを作り上げていきましょう。

 

顧問契約

顧問契約コンサルティングは自社の事業に教育ビジネスを取り入れて、

新たに年商1億円以上のビジネスを構築する希望のある企業のみを対象とします。

 

顧問契約料金:30万円/月(3時間)

契約期間  :1年

会場    :港区芝浦のオフィスにお越しください

 

 

 

年商3億円から10億円に転換する新・家元制度コンサルティング依頼はこちらから

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
協会ビジネスアカデミー