誰かを喜ばせるために仕事をする。

誰かの役に立つことをしている。

使命感に燃えて
仕事をしているときは、
本当に疲れない。

 

でも、
どこかで後ろめたい気持ちで
仕事をするときは
ドット疲れがやってくる。

 

そんな経験はありませんか?

 

小林正観さんは、

「使命」とは
「使われる命」。

 

誰に使われるかと言うと、
「天」宇宙から。

 

「つかわれる」と言う言葉には、
真ん中に「わ」の文字があります。

 

これは宇宙からの要請に応えて、
宇宙と「和」すること。

 

宇宙と「和」することが
「使われる」ことです。

 

宇宙からの要請の応えていれば、
どんなに働いても疲れません。

 

でも、
宇宙と「和」することを拒否して、
自分のエゴやわがままで生きて行くと

「和(わ)」がなくなり
「つかれる(疲れる)」になります。

 

そうですね。

「和」「輪」がなければ
疲れます。

 

誰かを喜ばせるために仕事をする。

それが、
あなたを大きくし、
幸せをもたらします。

 

さあ、
今日も楽しく、
誰かを幸せにしましょう。

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事

協会ビジネスアカデミー