仲間と共有する時間を取る

サッカーの国際試合で、
ロスタイム3分。

 

日本が1点差で勝っていて、
攻め込まれている時は
3分がとても長く感じられ、
早く時間が経たないかと思います。

 

しかし、反対に負けている時は、
あっという間に3分が経ってしまいます。

 

同じ時間でも、
見る立場が違えば、
長く感じたり短く感じたりします。

 

同じ時間でも、
退屈な講義の時はとても長く、
楽しい講義はあっという間に過ぎます。

 

しかし、
あっという間に過ぎたと言われて
喜んでいてはいけません。

 

あっという間に過ぎた講座は
何を学んだかも、
すぐに忘れてしまいます。

 

調子よく講座が進んだ時こそ、
振り返りの時間をきちんと取ることです。

 

そして、
何を学んだかを振り返り、
仲間と共有する時間を取る。

 

講師の仕事は、
受講生をそれぞれのゴールに導く事。

 

それを確かめるためにも、
振り返りの時間を必ず取って下さい。

 

 

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事

協会ビジネスアカデミー