どう言うかより、 誰が言うかです。

「どうして、私が言ってもダメなのに、
あなたが言うと素直に聞くのですか?
全く、同じことを
言っているのに。」

どう言うかより、
誰が言うかです。

立場を変えて考えてみて下さい。

同じことをあなたが尊敬する先輩から言われたのと、
嫌な上司から言われた場合を。

同じことを言われても、
受け取るメッセージは違います。

初めから、聞こうと思い理解するのと、
全く聞くつもりがなく、聞くふりをしてるのと。

いくらノウハウを学んでも
あなたの器が大きくならないと
受け入れてもらえないことがあります。

テクニックではなく人格。

これからは、
その場で何を言っているかだけではなく、
普段からどのように評価されているかが試されます。

言葉を取り繕うことはできても
人格を取り繕うことはできません。

器を大きくしましょう。

それがあなたの成長です。

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事

協会ビジネスアカデミー