それが、あなたのパートナーです。

「あなたの話はよくわかった。」

 

これは相手との会話を

打ち切る時に使う言葉です。
人は相手を理解したと思うと

興味を失ってしまいます。

 

「あなたのことをもっと知りたい。」

 

これは求愛の言葉であり、
これからもっと付き合いたい人への言葉です。

 

自分のことをもっと知ってほしい。

 

これも、あれも伝えたい。
会話のスキルや理論を固めても
相手が
あなたのことをもっと知りたい。
と思わない限り、
コミュニケーションはとれません。

 

私たちに

達成感をもたらす会話は、

会話を続けている間に、
「あーこれが、言いたかった。」や
「そうか、これが聞きたかった。」

と、気付くことです。

 

予測もしない方向へ
会話が2人を連れて行くときに
「楽しい!」と感じるものです。

 

コミュニケーションと言うのは
相手のことを知りたいと

思って初めて成り立つもの。

 

自分の本当の思い(夢)を

引き出してくれる相手を探しましょう。

 

それがあなたのパートナーです。

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事

協会ビジネスアカデミー