うまくいかないもっともらしい理由

上手く行っている人と食事をすると
これからどうしたいかと言う

未来の話になります。

 

上手く行かない人と食事をすると
どうして上手く行かなかったかと言う
過去の反省、後悔、グチになります。

 

「プレゼンしたけど、社長の顔を見たら、頭が真っ白。」
「合コンに行ったら、ネタに使われた。」
「セールスレターを心を込めて書いたのに、笑われた。」
こんな体験を何回か繰り返すと
脳はそれをパターン化して、
「もっともらしい理由」を探します。

 

そして、
「才能がないから」
「運がないから」
「根気がないから」と
自分が1番納得できる
「うまくいかないもっともらしい理由」を見つけ、
自分の可能性を制限していきます。

 

いつの間にか、
上手く行かない人の見ている世界は、
制限だらけ。

 

夢を叶えるというのは、
あなたが
「もっともらしいと信じている制限だらけの世界」
の制限を、どれだけなくしていくかという作業。

 

制限を作り出したのは、
あなたです。

 

出来ないと決めているのも
あなたです。

 

反省はしない。

グチは言わない。

言い訳はしない。

 

まずは、
大きな声で
「おはよう!」

 

さあ、

今日も楽しく生きましょう。

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事

協会ビジネスアカデミー