あなたは自分の斧を研いでいますか?

昔々、一人の木こりが材木屋に仕事を探しにいった。
給金はよく、仕事の条件もさらによかったので、
木こりはそこでしっかり役に立とうと決心した。

最初の日、親方のところへ挨拶に向かうと、
親方は斧を一本手渡して森の一角を割り当てた。
男はやる気満々で森に向かい、
その日一日で十八本の木を切り倒したのだった。
「よくやったな」親方は言った。「この調子で頼むぞ」

翌朝は誰よりも早く起きて森に向かった。
ところがその日は努力も虚しく十五本が精一杯だった。
「疲れているに違いない」そう考えた木こりはその日、
日暮れとともに寝ることにした。

夜明けがくると、
十八本の記録を超えてやるぞ、と心に決めて床を出た。
ところが十八本どころかその半分も切り倒せなかった。

次の日は七本、
そのまた次の日は五本、
そして最後には夕方になっても二本目の木と格闘していた。

何と言われるだろうとびくびくしながらも、
木こりは親方に正直に報告して、
これでも力のかぎりやっているのです、と誓った。

親方は彼にこう尋ねた。
「最後に斧を研いだのはいつだ?」
「斧を研ぐ?研いでいる時間はありませんでした。
木を切るのに精一杯です」

         寓話セラピー(目からウロコの51話)

あなたは自分の斧を研いでいますか?

目の前の木を倒すことばかりを考えて、
自分の大切な斧の手入れを忘れていませんか?

10年後に無くなる仕事として、
「銀行の融資担当」「行政書士」「税理士」「電話オペレーター」
「レジ係」「弁護士」「ネイリスト」等があげられています。

あなたの斧は何でしょう?

あなたは斧を何本持っていますか?

目の前の仕事に追われるライフスタイルを
見直す機会かもしれません。

さあ、
今日も楽しく生きましょう。

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事

協会ビジネスアカデミー