「ユニクロ商品の悪口」を募集

「失敗が怖いです。
 だから、行動できません。」

そうですよね。

それは、
「失敗」を
どのように定義付けしてるかです。
 

 
1995年、
柳井さんは全国紙の広告で
「ユニクロ商品の悪口」を募集しました。

応募は1万通。
ほとんどが品質へのクレーム。

急成長の最中に
自社商品の到達水準を知り、
「失敗」を直視しようとしました。
 

柳井さんは
「失敗」を新たな挑戦への
モチベーションにしようとしました。
 

今の「成功」に胡坐をかいていたら
会社は成長しない。

「成功」している今だから
「失敗」に直面しようと
「決断」しています。

 

如何ですか?

「成功」は、
新しい行動を起こさないと生まれません。

新しい行動を起こすと、
必ず問題に直面します。
 

当たり前ですよね。
初めてするのですから。

__________________        
 
失敗=恥ずかしい
  
  ⇩

失敗=新しい事へのチャレンジ=エライ、素敵

__________________

 
この様に定義を
書き換えては如何ですか?
 

柳井さんは著書
「一勝九敗」でこんな事を語っています。
 

「成功」するということは、
保守的になるということだ。

商売というのは、
現状があまりうまくいかないときに、

『だったら、どうやればうまくいくのか?』

ということを徹底的に
考えるということであり、

「成功」したと思った時点で
ダメになるのだ。
 

柳井さんの定義は

_________

成功=保守=ダメ

失敗=革新=良い
_________

なのかもしれませんね。

 

さあ、
今日も楽しく生きましょう。

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事

協会ビジネスアカデミー