「コツ」や「ツボ」を言語化する。

「コツ」や「ツボ」

経験だけが豊かな人がたくさんいます。
経歴を聞くと実に多彩。

しかし、「見識」を感じられない。
それは、一つの仕事をした時に反省をしないからです。

一つの仕事を「経験」をした時に、
その「経験」からどのようなスキルを掴んだか、
そうした問題意識を持って、
徹底的に「反省」しないからです。

「反省」を通じて、
「経験」を「体験」にまで高めていないからです。

では、「反省」をすればいいのか?
「反省」には、高度な「技術」が必要です。

「技術」を身に付けていないと、
「反省」が単なる
「後悔」や[懺悔]になってしまいます。

「反省」の技術の要諦は「着眼」。

経験の中から、何に注目するか、
何を問題とするか。

その「着眼」が、
「見識」であり「智恵」です。
「コツ」や「ツボ」と呼ばれるものです。

経験を追体験して、
「コツ」や「ツボ」を言語化する。

その時に一番大切なものが、
その「経験」から、どの「問題」に着目するか、
その「着眼」の智恵なのです。
        (田坂広志)

「コツ」や「ツボ」をすっと会得する人もいれば、
何回やっても、上滑りの人がいる。

それは、「問題」のどこに「着眼」しているのか?
何が「問題」なのかも理解していない人が多いからね。

下手な「反省」は、
潜在意識に「できない理由」を叩き込むだけ。

上手に「反省」できる人になりましょう。

あー、
ちなみに、
私は、「反省」しません。

失敗も成功も過去のこと。

しっかりと、潜在意識に入っています。

今日の課題は
今日の知恵で解決します。

さあ、
今日も楽しく、
行きましょう。

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事

協会ビジネスアカデミー