「もしも・・・・ならば、私はしあわせになれる」病

ないものを探さず、
ある事に感謝する。

 

あなたは昨年の正月に
どんな問題で悩んでいましたか?

 

さあ、
その問題はどうなったでしょう?

 

問題だと思っていたいくつかは
もう解決していたり、
問題だったと言う事自体を
すっかり忘れていたませんか?

 

そう。
どうして、
あんな問題で悩んでいたのだろうと
不思議に思いませんか?

 

反対に
去年の正月に欲しくて、
欲しくてたまらなかったモノや事。

 

それを手に入れたあなたは
今もそれをその当時と同じような気持ちですか?

 

「あれ」を手に入れれば、
しあわせ。

 

「あれ」が手に入らなければ、
最低。

 

「何か」を手に入れたら
次に又、
「何か」を欲しくなります。

 

「もしも・・・・ならば、私はしあわせになれる。」
このモデルを止めませんか?

 

「幸せになりたい病」からの卒業。

 

まずは、
「今、幸せだ!」と宣言する事です。

 

「あれは、あれで良かった。」
と過去に感謝。

 

「全てはうまく行っています。幸せです」
と、今を肯定。

 

そして、
「これからもっと良くなる。」
と未来に希望を抱く。

 

ないものを探さず、
ある事に感謝する。

 

さあ、
今日も楽しい一日の始まりです。

今年も良い年にしましょう。

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事

協会ビジネスアカデミー