転んだら 立ち上がって 歩けばいいんです。

良い所なんか、
探さなくても結構。

 

赤ちゃんが歩き方を学ぶ様子を
見たことがありますか?

 

生後一年くらいで、
赤ちゃんは立ち上がって
歩こうとします。

 

歩き回るお兄ちゃんたちを見て
自分も歩こうと。

 

しかし、
始めは転んで泣き出します。
そして、
何回か転ぶうちに、
よろめきながら歩き始めます。

 

もし、
赤ちゃんが、
「どうして上手く歩けないのだろう?」
「身体の軸が真っ直ぐでないから、転ぶのだろうか?」
「この転んだ事にどんな良い意味があるのだろう?」
「本当に歩き方を習得することができるだろうか?」
と悩んでいたら、
多分3歳まで歩けません。

 

転んだら
立ち上がって
歩けばいいんです。

 

不必要に
実りのない自己批判、
反省はやめましょう。

 

良い所なんか、
探さなくても結構。

 

ただ、
転んだだけです。

 

長い人生
転ぶことも
飛び上がることも
何でもあり。

 

前を向いて、
歩いて行きましょう。

 

さあ、
今日も楽しく生きましょう。

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事

協会ビジネスアカデミー