講座ビジネスの欠点

講座ビジネスの根本的な弱点は、
学ぶ人が満足したら離れてしまうことです。

 

満足度を上げれば、
受講生が永続的に来てくれると

言うビジネスモデルではありません。

 

あなたから学ぶ事が無くなれば、
又は、満足すれば受講生は、
「先生。ありがとうございました。とても素晴らしい講座でした。」
とあなたのもとを去って行きます。

 

そして、
あなたは又、新しい受講生の獲得に走り回るわけです。

 

協会ビジネスは
講座ビジネスの延長線上にはありません。

 

全く違うビジネスモデルです。

 

収益モデルも違います。
協会ビジネスの収益源は、
コンテンツ使用料、会費、認定料です。

 

あなたが講座を開講して、
主催するのはスタート当初だけです。

 

生徒を作るのではありません。
あなたの代わりに講座を主催する講師を作り上げることです。

 

講座ビジネスは、
講師業、カリキュラム制作、集客、運営、販売、
会員管理等のいくつもの業務で成り立っています。

 

協会ビジネスは、
これらのプラットフォームを作り、
それを認定講師たちに活用してもらう仕組みを作り上げることです。

 

講座ビジネスと根本的に収益モデルが違います。

 

それを理解せずに、
協会を設立しても上手く行く訳がありません。

 

協会を作っていてもそれは、
講座ビジネスの延長線で、
協会ビジネスではありません。

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事

協会ビジネスアカデミー