講師の仕事は 受講生を変化させること。 魔法の言葉は 「きっと」。

私たちがよく口にしているのは「たぶん」だろう。

 

「たぶん」は人の気持ちを傷つけない。
人を拒絶しない。取引を台無しにしない。
「たぶん」で負け犬は生まれない。

 

だが、交渉における「たぶん」は
あなたをどこへ導いてくれるのか。

 

どこへも導いてはくれない。

 

「たぶん」と言っても、状況は明らかにならない。
相手から役立つ情報や反応を引き出すことはできない。
「たぶん」では、何も言っていないのと変わらないからだ。
(ジム・キャンプ)

 

「言葉」は生き物です。

 

その「言葉」にどのような思いを込めて、
伝えるか?

 

同じ「言葉」でも、
誰が言うか、
どんな思いで言うかで、
伝わり方は全く違います。

 

「心」は
「言葉」で変わります。

 

普段何気なく使っている「言葉」が
あなたの心を鍛えます。

 

「たぶん」そうだと思います。
では、
相手の「心」に届きません。

 

講師の仕事は
受講生を変化させること。

魔法の言葉は

「きっと」。

 

さあ、
今日も楽しく生きましょう。

 

きっと、
楽しい一日になります。

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事

協会ビジネスアカデミー