組織を動かなくさせるマニュアル

第二次世界大戦中に米国の戦略諜報局が作成した、

「組織を動かなくさせるマニュアル」が見つかったそうです。

 

1)何事をするにも「通常のルート」を通して行うように主張せよ。

決断を早めるためのショートカットを認めるな。
)「スピーチ」を行え。できる限り頻繁に、長い話をすること。

長い逸話や自分の経験を持ちだして、主張のポイントを解説せよ。

「愛国的」な主張をちりばめることを躊躇するな。


3)可能な限りの事象を委員会に持ち込み、「さらなる調査と熟考」を求めよ。

委員会のメンバーはできるだけ多く(少なくとも5人以上)すること。


4)できる限り頻繁に、無関係なテーマを持ち出すこと。


5)議事録や連絡用文書、決議書などにおいて、細かい言葉遣いについて議論せよ。


6)以前の会議で決まったことを再び持ち出し、その妥当性について改めて問い直せ。


7)「警告」せよ。他の人々に「理性的」になることを求め、

将来やっかいな問題を引き起こさないよう、早急な決断を避けるよう主張せよ。


8)あらゆる決断の妥当性を問え。

ある決定が自分たちの管轄にあるのかどうか、

また組織上層部のポリシーと相反しないかどうかなどを問題にせよ。

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事

協会ビジネスアカデミー