私に幸せをください。

海の中で生れ育った魚は

「海」の存在を知りません。

 

そこで、
海を見渡してみたくなった魚は、
釣り人の餌に食いついて

釣り上げられてみることにしました。

 

そして、
魚は海を見ることが出来たのですが、
その代わりに息が出来なくなって、

とても苦しみました。

 

これを一般的な出来事にたとえると、
釣り上げられた魚が「私」、
釣り上げた人が「神様」、
釣り上げられた状態を「災難」と言います。

 

つまり、
今まで何でもなく暮らしていた「海」は
私たちの「幸せ」そのものです。

 

「私に幸せをください」と念じた時に、
神様は「病気」や「災難」や

「トラブル」に誘うのかもしれません。

 

それは決して、いじわるではなく、
病気や災難に合ってはじめて、
「海の中にいることがどれだけ幸せな事であったか、
当たり前の生活がどれだけ幸せな事であったか」を
認識することが出来るようになるからです。

(小林正観)

 

病気になって、

初めて健康の大切さを知ります。
一緒に横で笑ってくれる人を失って、
その人の存在を思い知らされます。

 

今あるすべてを受け入れる。
そして、

今、この瞬間に感謝する。

 

全てはうまくいっている。
あれはあれで良かった。
これからもっと、良くなる。

 

さあ、
今日も楽しく生きましょう。

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事

協会ビジネスアカデミー