社会に良い事をしないと儲からない世界

「社会に良い事をしないと儲からない世界」

がこれからの時代です。

 

すべての業界で「社会性と収益性」を

両立させる仕組みを作り出した組織が
こらからの時代をリードします。

 

その組織は、

ドラッカーが予言したNPOと、
日本では一般法人(一般社団、財団法人)が

担うようになります。

 

一般法人は、現在3万法人、

昨年は新たに9500法人が設立されました。

 

そして、

協会を作り、認定講座を開講し、認定講師を育成して、
全国展開を図る人たちがたくさん生まれました。

 

私が直接、設立にかかわった協会だけでも120団体を超えました。

その中には、会員数が2000名を超えたり、
年商5億円の協会も出来てきましたが、
まだ試行錯誤を繰り返している協会がたくさんあります。

 

私は、協会ビジネスが新たな生涯学習の
「教える・学ぶ」仕組みを大きく変えると確信しています。

 

しかし、新・家元制度の仕組みは
2,3回のコンサルティングで分かるものではありません。

 

そして、

簡単に1億円の年商を作り出せるわけでもありません。

 

その代わりに、

仕組みが出来てしまえば、
継続的に収益が上がり、素晴らしい仲間ができます。

 

この新・家元制度の仕組みを理解し、
実行してもらうために作り出したのが、

協会ビジネス実践会です。

 

年商1億円超えの協会を200作る。
そして、

認定講師を10万人作る。

 

新たな時代の担い手として活躍する人材を
育成する事業に参画して下さい。

お待ちしてます。

 

協会ビジネス実践会2017

http://www.iikannji.jp/iemotolp/

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事

協会ビジネスアカデミー