知りません。教えてください。

道を進んでいたら、
前方に扉があった。

 

そこを通らないと先に進めない。
でも鍵がかかってある。
トントンとノックをしたら、
扉の向こうから
「合言葉は?」と聞かれた。

 

さて、どうするか?

 

答えは簡単です。
「知りません。教えてください。」です。

それで、扉は開きます。
(内田樹)

 

 

「合言葉」がどこかに落ちていたり、
聞き逃したと思い、
今まで来た道をあわてて戻っても
落ちてもいないし、
売ってもいません。

 

学びの扉を開く「合言葉」は
「知りません。教えてください。」です。

 

私たちが
学生の時にはITも携帯もなかった。

 

英語も授業で習ったけど
そんなに重要ではなかった。

 

だから、
それができないことを
恥ずかしがることもなければ
隠す必要もない。

 

自分よりできる人がいれば
それが、後輩だろうが
学生だろうが
「知りません。教えてください。」
と言えばいいのです。

 

胸を張って。
堂々と。

 

「私はこれはできません。
でも、
これとこれは凄いよ。」
と、言えばいいのです。

 

できないことを隠したり、
できるふりをしようと

するから疲れるのです。

 

できないことが不便なら
今からすぐに学ぶ。

 

遅すぎることはありません。

 

人と比べる必要はありません。

 

自分が必要と思うものを
楽しく学ぶ。

 

これが
おじさんたちが自信を持って
進む道です。

 

やりたいこと
いっぱいあるよ。

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事

協会ビジネスアカデミー