目的と手段

久しぶりの日曜日。
日頃、息子と一緒に遊ぶ時間が取れないので、
今日はゆっくりとコミュニケーションを取ろうと決心。

 

キャッチボールをやりたがっていたので、
公園に行くことにした。

 

ところが、
息子は雨上りの水たまりに、突撃。
道端のカタツムリを見つけては、座り込む。

 

「何をしてる!早く公園に行くぞ。
キャッチボールしたいと言っただろ。」

 

「キャッチボールなんかしたくないもん。」

 

「なんだ。お父さんがせっかく遊んであげようと思ったのに、
もういい。帰るぞ。」

 

さあ、あなたの「目的」は何だったのでしょう。
キャッチボールをする事でしょうか?
違いますよね。

 

息子とゆっくりとコミュニケーションをとる。(目的)
その為に、公園に行って、キャッチボールをする。(手段)

 

キャッチボールは、
コミュニケーションをとる「手段」です。

 

じっくりと、コミュニケーションをとるために、
一緒に水たまりで遊んでも、
座り込んでカタツムリを眺めてもよかったのです。

 

いつの間にか、
あなたの中でキャッチボールが
「目的」になってしまっていました。

 

そして、
自分の「目的」が達成できないので、
腹を立てていたのです。

 

「目的」は何か?
その「目的」を達成する「手段」はいくつもあります。

 

何のために、
この「行動」をしようとしているのか?

 

講座もそうです。

 

この講座で、この人を幸せにしたい。
という「目的」で始めたのに、
いつの間にか「集める」と言うことが
「目的」になっていませんか?

 

集客は「手段」です。
集客することがあなたの「目的」ではないでしょう。

あなたは何のために講座を開講しますか?

 

さあ、
今日も楽しく生きましょう。

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事

協会ビジネスアカデミー