皆さんの協力で、痴漢は逮捕されました。

「痴漢出没。注意!」

 

こんな看板を良く見ますよね。

 

でも、
この看板効果は
あまりありません。

 

この看板を新しい言葉に変えたら、
痴漢被害が
急激に無くなりました。

 

どんな言葉に変えたのでしょうか?
分かりますか?

 

「皆さんの協力で、痴漢は逮捕されました。
ありがとうございました。」です。

 

この看板を誰に見てもらいたいかです。

 

そう、
痴漢ですよね。

 

痴漢がこの看板を見てどう思うか?
「やばい。この地域で痴漢すると、捕まる。」

 

セミナーも同じです。

誰に受けてもらいたい講座ですか?

 

誰が受ければ、
劇的に変化することができますか?

 

ターゲット客を絞り込むことです。

 

そして、
そのターゲットが
「ドキリ!」とするくらい
絞り込んでください。

 

あなたのターゲット客の
「不」不安、不満、不便
すなわち、
「悩み」は何でしょう?

 

痴漢の「不」は
捕まるかもしれないです。

 

看板は、痴漢に見せて
「やばい!」と思わせる効果がありました。

 

ターゲットコピーとは
「あっ、私のことだ。」

「ああー、このままではダメだな。」

と気付きを与えるものでなくてはなりません。

 

 

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事

協会ビジネスアカデミー