登りっぱなしでは、 遭難。

ある男性が仕事のことを山に例えて話していた。
会社に入り、
出世競争をする、
または起業などをして会社を大きくする。

男性は山の頂上を目指して一直線。

 

「男性は登る山が1つで良いですね。
女性は登る山が3つあるんですよ」

 

「仕事」
「結婚」
「子供」
別に女性が全ての山を登る必要はないが、
男性より多くの人生の選択を迫られる。

 

しかも、

その選択にはタイミングや締め切りがある。

(白河桃子)

 

そう、
選択にタイミングや締切があるんです。
でも、
締切があるから、踏ん切りも付く。

 

3つの山を登るのを大変だと思うと
息切れするけど、
3つも山を登れると思うと楽しい(はず)。

 

昨日も3つも4つも山を

登っている人たちと一緒でした。
みんな楽しそうですよ。

向こうに見える山にも登ってみよう。
と、成長して行く姿は頼もしい。

 

楽しみながら、
山に登って生きましょう。

 

そして、
登った山は降りないと
次の山には登れませんよ。

 

登りっぱなしでは、
遭難。

 

登山は麓に無事に降りてくるまで
気を抜いてはいけません。
登る事ばっかりに意識を向けずに
降りる方法もきちんと計画しましょう。

 

山に登る目的は何か?
楽しみながら登りましょう。

 

さあ、
今日もこれから新しい山登り計画をします。

楽しみましょう。

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事

協会ビジネスアカデミー