成功する事を決める!

成功する事を決める!

 

事業計画を作る時に一番最初にすることは、
成功することを決めることです。

 

「えっ?成功したいけど、できるかどうかは・・・」

 

「それが、~したい病にかかっている証拠です。
願いは叶いません。思いが実現するのです。」

 

あなたは、小さい頃からこんな癖をつけられています。
「走ったらダメよ!危ないから。」
「何をしているの。グズグズしない!」

「静かにしてなさい。人の迷惑になるでしょう。」
「どうして自分の意見を言えないの。はっきり言いなさい。」

 

子どものころから、ダメを言い続けられた脳には、
何か新しい事をしようとすると不安が生まれる癖がついています。

 

「えっ、こんなことしても良いんだろうか?」
「そんなに、すべてが上手く行くことがない。」

成功者のほとんどの人は、運が良かったからです。
と言います。

 

謙遜からでしょうか?

いいえ、成功者は全て運が良い人です。
何故なら、成功者は初めに成功する事を決めているからです。

 

私は、6年前から東京FM傘下のミュージックバードで
「0から1を生む力」と言う番組のパーソナリティーを務めています。

 

この番組で私が素晴らしいと共感した経営者には全て、
同じ質問をしました。

 

「はじめにこの事業をする時に、恐怖はなかったのですか?」
すると、ほとんど同じ答えが返ってきます。

 

「成功することは決まっていました。
お客さんが絶対に求めているものだから。
上手く行かないのはやり方が悪いから。
それなら変えればいいんです。」(HIS 澤田氏)

 

「いや。成功すると思っていました。
市場が求めている。
それなのにこんなサービスは日本になかったのですから。」
(リンク&モチベーション 小笹氏)

 

「上手くいかないはずがない。
絶対に成功するモデルを考え抜いてから、始めたのだから。」
(三光ソフラン 高橋氏)

 

運とは波動です。
上がれば下がる。
振幅の大きい波の人は波乱万丈、
小さい人は平々凡々の人生を送ります。

 

波のピークを上げることが運が良くなるコツではなく、
波が進む方向が運の良さを決めます。

 

運が良い人は未来に希望を見ている人です。

 

事業を行う時に、
上手く行くかどうかわからないと不安に駆られ、
計画を作る人と、
絶対に上手く行くと信じて行動する人の結果は
大きな違いが出てきます。

 

成功する事を初めに決めることです。

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事

協会ビジネスアカデミー