師匠ならどうする?

『孫悟空は良いよね。』

 

「そうね。空を自由に飛べるから。」

 

『違うよ。

孫悟空は自分の限界を三蔵法師に決めてもらえたんだ。


だから、

自分の限界を考えなくても良かった。


好きなことを好きなだけやっていく環境があった。
だから、

軽々と自分の枠を超えられた。

 

孫悟空は暴れん坊。
その暴れることを止めることができたのは
三蔵法師が孫悟空の頭にかぶせた金の輪。

 

「限界」は
「こんなこと私にはできるはずない。」

と言う自己評価が
自分の枠を決めてしまうことです。

 

孫悟空はどんだけ好き放題に暴れても
自分で自分の枠を決める必要がないのです。

 

三蔵法師が「ダメ」と言うまで、
自由に暴れていいのです。

 

自分の限界を自分で考える必要がなければ
人は(まあ、サルですが)限界を超えることができる。

 

これが師弟関係の大きな力です。

 

「ああー、私にはできない。」
と自分の限界を決めることがなければ
大きなパフォーマンスを引き出せるという話だと言うことです。

 

寓話をいろんな角度から読んでいくと
全く違う解釈が生まれる。

 

自分の限界を決めているのは、
あなたです。

 

「好きなようにやってみろ。」
と言われても、すぐに制限をかけてしまう。

 

そんな時、
「師匠ならどうする?」
と、思える人物がいたら幸せだよね。

 

さあ、
今日も楽しく生きましょう。

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事

協会ビジネスアカデミー