天才とは 「瞬時に、結果にたどり着く能力」です。

天才とは
「瞬時に、結果にたどり着く能力」です。

つまり、天才の持つ能力とは
「プロセス(段取り)を飛ばせる」
ことに他なりません。

「いきなり走って、早い」
「いきなり歌って、うまい」
「いきなりしゃべって、面白い」

普通の人が一歩一歩進んで行くところを、
いきなりゴールまで行くことができる、
それが天才です。

しかし、
「長所は同時に短所になる」
天才の弱点はまさにそこにあります。

彼らは、
「段取りを飛ばせる」という能力に足を引っ張られ、
改良ができないのです。
            水野敬也

そうですね。

天才にしか見えない世界があるように、
天才が見えない世界もあります。

何でもネットで検索し、
瞬時に、
模倣できる時代だからこそ、
自分の心で感じ
自分の目で確かめ
自分の身体を使い体験してみる。

失敗も成功も繰り返し、
自分の言葉にできる人の
「言葉の重み」が大切になってきますね。

何を語るかより、
誰が語るか。

あなたの言葉は
心に響きますか?

さあ、
今日も楽しき生きましょう。

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事

協会ビジネスアカデミー