変えたらいかんものは 変えたらいかんのや。

会社の経営でもなんでもそうやけど、
普遍性というか、
そういうものは絶対に変えずに、
貫く棒のように守り続ける。

 

そういうことが必要やな。

 

まあ、そうやな、
基本理念やね。

 

会社経営の理念、
それはどのような時代になっても守り抜かんと、
会社はすぐ潰れてしまう。

 

経営の拠りどころやな。

 

迷ったときにそこに戻って、
そこからどうすべきかを考える。

そういうことが大事や。

 

だから、
経営理念というか、
基本理念、
これは変えたらいかん。

消してしまったらあかん。

 

変えたらいかんものは

変えたらいかんのや。
それを変えたり、

消したりすると、

迷ったとき、
どうしたらええかわからなくなる。

 

松下幸之助さんの言葉です。

 

「何のためにこの講座を開講したいのか?」

 

「誰の悩み、課題を解決してあげたいのか?」

 

この「はじめの思い」を

いつまでも忘れないように
分かりやすい言葉、
簡潔な言葉で、
「理念」に落とし込む。

 

迷ったときには、
「理念」に戻る。

 

戻ることができる「理念」を

始めに作っておかないと
ぶれます。

 

あなたの協会の「理念」は何ですか?

 

一言で言えるように、
13文字程度に、まとめましょう。

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事

協会ビジネスアカデミー