受講生を選ぶ

「色々、集客の方法をためし、
1回はうまくいくのですが、続きません。」

良いコンテンツはある。
一生懸命努力もしている。

でも、
集客ができない。

そんな悩みの相談をたくさん受けます。
根本的に間違っています。

あなたが「先生」として
伝えたいことは何ですか?

講座は
「先生」と「受講生」の間に
生まれるものです。

いくら、素晴らしい講義をしても
「学ぼう」という気持ちを
持っていない人には
「教える」ことはできません。

いつのまにか、
どのようにしたら「受講生」を集められるのか?

そればかりを考えていませんか?

まずは、
「なぜ?この講座を伝えたいのか?」
「なぜ?私でなければこれを伝えられないのか?」

How toばかりを追い求めて、
受講生を募集するのが
仕事になっていませんか?

あなたが心から「その講座」を
伝えたい理由は何ですか?

「理念」を高く掲げ、
その理念に
「共感」する人を集めることが
はじめの一歩。

本を出したから、
集客できるわけではありません。

SNSの技術をいくら身に付けても
すぐに見破られます。

本当にあなたが伝えたいことを
自分の言葉で語る。

そこから始めてください。
そして、
それを誰に伝えたいのか?

あなたの講座を聞いてほしい人にだけ
届くメッツセージを送るのです。

【受講生を選ぶ】

選ばれる立場になってはいけません。

その人にだけ届くメッセージを発信してください。

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事

協会ビジネスアカデミー