協会ビジネスというのは、 業界を標準化することです。

「なぜ、この講座を開講したいのか?」

 

「この講座を受講した人にどのようなゴールを提供するのか?」

 

「この講座はあなたの業界、社会をどのように変革するのか?」

 

理念を大切に講座を開講してきた協会は、確実に認定講師を育成し、
社会的な地位も上がってきました。

 

年商が1億円を超える協会もできました。

 

たくさんの認定講師が出版して、
理事長よりも有名になる協会も現れました。

 

大学のカリキュラムに採用され、その資格を持っていることが、
就職に有利になる協会も現れました。

 

しかし、

協会を設立し、1,2回講座を開講しただけで
休眠してしまっている協会もたくさんあります。

 

何が原因でしょうか?
講座ビジネスの延長線のまま、協会を設立してしまうからです。

 

「器」である協会のつくりかたは?

 

理事長、次に認定講座をブランド化させる

「冠」のつくり方は?

 

コンテンツをカリキュラム化し、

テキストを教科書に「標準化」する方法は?

 

出口戦略をきちんと設定して、
「検証」して、「コミュニティー」を作り
「結果」を出す仕組みかは?

 

この6つの作業が出来れば、
業界のトップに立つことができます。

 

明確なビジョンを持たず、
お金を儲けるためだけに協会を

設立しても上手く行きません。
当たり前のことですが、
志の低い組織には志の低い人、
儲けたいだけの組織には儲けたい人しか集まりません。

 

協会ビジネスというのは、

業界を標準化することです。
あなたが業界のトップに立つと言う「強い理念」と
「収益モデル」を作り上げる能力が必要です。

 

この事業によって日本の何が変わるのか、
何ができるかということを明確にし、協会のビジョンとして
はっきりと掲げることです。

 

理念と収益の2本の柱を確立させる。

協会ビジネスとして、
しっかりと収益をあげる仕組みを作り上げて下さい。

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事

協会ビジネスアカデミー