前田さんの耳は、蓋をする事ができますね。

「前田さんの耳は、蓋をする事ができますね。」

 

『えっ?蓋あるの?』

 

「聞きたくない話を聞かない構造になっています。」

 

トマティスと言う器械で耳の特性を測ってもらいました。

「きく」という行為には
「聞く」と「聴く」の二通りがあります。
英語では「hear」と「listen to」で区別しています。

 

視覚では、
単に「見えている(see)」ということと、
しっかり「見る(look at)」ということです。

 

人は、見たい物があれば目の焦点を合わせるように、
コミュニケーションをしたいという意欲があれば、
自然に耳を傾け、メッセージを正しくとらえようとします。

 

私の場合は、
興味のあることしか聴かない耳だと断定されました。

 

「だから、誰とでも距離を縮めることを怖がらないで
オープンで会えるのです。
嫌ならば、
耳を閉じればいいと思っているからできるんでしょうね。
ひとつの特徴ですから、
それでいいと思いますよ。」

 

なるほどね。

 

聴いていないのではありません。
耳に蓋をする構造の耳を持っているだけだから、
気にしないでくださいね。

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事

協会ビジネスアカデミー