ベンチャー期のリクルートを支えた5つの要素

リクルートの元常務にお話を伺いました。
「ベンチャー期のリクルートを支えた5つの要素」

1.採用に命を懸ける
1)地方、貧乏、野望のある高卒を積極的に採用
2)アルバイトの能力も社員と同レベルを求める
3)優秀な女性を積極的に取る

 

2.採用した人が伸びる環境を作る
1)情報共有の徹底
社内報 月刊かもめで社長の考えを徹底に説明
辞めた社員にも配るので2万部発行
2)日変わりのヒーローを作り表彰
3)やることを分かりやすい言葉で、シンプルに目標設定
4)激しい競争と楽しいムード演出

 

3.社員に利益配分
1)税引き後利益の40%を社員賞与に
2)社員持株会が40%の株を持つ
筆頭株主の江副さんは30%

 

4.10年に一度の事業構造の変革
数年は、翻弄されて苦労してもやり遂げる

 

5.Keep Youngのための仕組み作り
1)30歳で半分が辞めるボーナス制度
2)38歳で90%が辞めるフレックス定年制度

 

この仕組みがリクルートの文化を作りあげた。
すごいね。

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事

協会ビジネスアカデミー