プロは、単にプロらしい良い仕事をするだけでは2流。

「一流のプロのコツを教えてあげようか?」

 

「なに?」

 

「『合理的な行動』と『説得力のある行動』の
バランスを意識してとることです。」

 

「意味わからんな。」

 

「例えば、お客さんがわかりきった条件や、
前にも何回も聞いた数字を提示して来たとき、
わかっていると思って、メモ取らないでしょう。

 

それは、2流。

 

その時に、『相手の安心のために』
メモを取ってあげたり、
復唱するセンスが必要です。

 

「あなたのしている行動は『合理的な行動』だけど、
『説得力のある行動』ではありません。

 

意欲溢れる挨拶、
真剣な頷き、
的確なメモ、
別れ際の笑顔、
その立場、立場で、
相手を安心させる「フラッシュ画像」を
確実に重ねて行く。

 

どのように振る舞えば、
「この人に任せておけば大丈夫」を常に意識すること。

 

プロは、単にプロらしい良い仕事をするだけでは2流。
本当の一流は
見ただけで、信頼に足る立ち居振る舞いをしてこそ、
一流のプロです。」

 

「はあー、確かに。
わかりきったことをメモ取ったり、
確認することは格好悪いと思っていたね。

 

相手の目線か。

相手がメモしたり、
頷かないと、大丈夫かと疑うな。」

 

さすが脳科学のプロ。

こちらの欠点を鋭くついてくれた。

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事

協会ビジネスアカデミー