フランチャイズ型とスクール型

協会を作る形式は大きく分けて2つです。

 

ひとつは、

私が提案している協会ビジネスです。

 

これは資格を発行し、

認定講師を育成して、

自分の代わりに教える先生を

作りだすモデルです。

 

もうひとつは、

スクールビジネス。

 

戦後の教育モデルでは

専門学校や

カルチャーセンターがそうです。

 

でも、

このモデルを資本金がなく、

人材も乏しい人がやると大変です。

 

何故なら、

常に、生徒を

募集し続けなければいけないからです。

 

そして、

専門学校は資格を取る期間が長い。

2年間通ってくれるから

年間で100万円~200万円を

収入として得ることができます。

 

でも、

個人がスクールを開く場合は

20~30万円が主流で

期間も3か月~半年位です。

 

金額が少なく、

人数も少ないと、

頻繁に集客をしなければいけません。

 

又、カルチャー教室は

もともとお客さんを持っていたデパートや

媒体を持っている新聞社が中心です。

 

ここは、

人を集める事が仕事の人たちが

スクールを行うことで

常ににぎわっているイメージを作り、

ファンを作る事で、

バック商品である

商品販売に繋げることができます。

 

資本金、人材が

少ない人がはじめるには

スクールビジネスは少し難しいですね。

 

会員組織を作りだす事が煩わしい人には

協会ビジネスは向いていません。

 

家業として、

自分が教え、自分が管理できる範囲で

行いたい人は、

カリスマ講師を目指す方が良いですね。

 

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事

協会ビジネスアカデミー