やれることは全部やる!

ビラ配りっていうのは一種の行みたいなものですよ。
修行の行。

 

でも、
『ビラ配りつまんねぇなぁ。やりたくねぇなぁ。
けど映画ヒットさせるためにやっとくかなぁ』
って思ってやるのと、

昨日は900枚配ったけど、今日はどうやって1000枚にしようか
って真剣に考えながらやるのとでは、
わけがちがいますよ。

 

捉え方なんじゃないかな、
何事も結局。

 

たとえばサイズです。

今回は、
ビラというか自分の名前が書かれた名刺を配ってるんですけど、
そもそもビラなんてものは自分も受け取らないですよ。

 

あんな大きなもの。
手ぶらの男の人だったら、
あんなもん捨てるしかないですよね。

 

じゃあ、
自分だったら何を受け取るか?

 

まずサイズに問題がある。
小さければいけるんじゃないか。
名刺サイズにしよう。
名刺サイズなら、自分の名前を書いちゃおう。

 

僕の顔を知らなくても、名前が書いてあれば
『あ、紀里谷ってあの…』ってなってくれるかもしれないし、
『写真撮りましょう』ともなるかもしれない。

 

その写真をSNSで拡散してくれたり友だちや家族に見せてくれたりすれば、
1枚の名刺が何十倍にもなって、
1万人に配れば10万人に届くかもしれないわけです。
それはとても大きいですよね。

 

やれることは全部やらないといけないし、
最も有効な方法を考えないと。

 

実際にそれを考えて実践していくと、
ビラをもらってくれる人の割合は全然変わってきますよ。

 

映画監督・紀里谷和明のインタビュー
セミナーを募集する時も同じです。

 

「やれることは全部やる!」
とても参考になりました。

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事

協会ビジネスアカデミー