はじめの一歩を踏み出そう

常に機能する事業計画書は、
異なる場所と異なる仮定からスタートする。

それは心からスタートするアプローチである。
それはあなたが感情からスタートする。
そのプランは変化に寛容であるというだけでなく、
あなたを最適な道筋に留まらせてくれる。

論理的な視点ではないところからビジネスの構築を始める。

「なぜ、あなたはそれを創りあげたいのか?」

「誰にとって、利便性があるのか?」

「それは世界に対してどんな意味を持っているのか?」

これらを理解したときにはじめて
あなたをそこに導いてくれるプランを書くことができる。

常に機能する事業計画書と伝統的な事業計画書の本当の違いは、
そのプランに対してどう考え、
どう感じるかである。

あなたのふるまいと
あなたの事業計画書との関係が
全ての違いを作り出すのだ。

マイケル・ガーバーの「はじめの一歩を踏み出そう」は
私のバイブルのひとつです。

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事

協会ビジネスアカデミー