これだけで、 不幸は通り過ぎます。

6秒。

あなたが不幸を感じるまでの時間です。

 

何か不幸なことが起きて、
あなたに恐怖感が襲ってくるまで、
6秒のタイムラグがあります。

 

まずは、「顔」。
緊張で、筋肉がこわばり、

無表情になります。

 

次は、「横隔膜」。
呼吸が浅くなり、息苦しくなります。

 

そして、

その緊張が全身に伝わり、
恐怖がやってきます。

 

わかります?

恐怖と言うのは、
心や脳の前に身体に現れます。

 

だったら、
身体の反応を変えればいいのです。

 

どうする?

簡単です。

不幸を感じたら、笑う。

 

無理矢理でも、口角を上げ、
笑った表情をする。
作り笑いでOK。

 

口角の周りには神経のスイッチがあります。
幸せのスイッチは笑いです。

 

次に深呼吸。
横隔膜の緊張を緩めるのは深呼吸です。

 

顔の緊張と横隔膜の緊張をほぐすと
脳は、「その不幸は大したことがない。」
と、判断します。

 

脳は、

身体に反応します。

 

不幸を作っているのは
あなたの身体です。

 

やばい!と思ったら、
とにかく、無理にでも、「ニコッ」と笑う。

 

そして、

深呼吸。

 

これだけで、

不幸は通り過ぎます。

 

今日も一日「ニコッ」っと。
幸せが舞い込んできますよ。

 

さあ、
今日も一日楽しく生きましょう。

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事

協会ビジネスアカデミー