いつからでしょう? 明日を不安に思うようになったのは?

もしも、

あなたの望むすべてのことが上手く行ったとしたら
あなたの事業はどんなになっているか?

 

すべてが上手く行ったら、

どんな未来になる?

そんなことを考えたことがありますか?

 

いつからでしょう?
明日を不安に思うようになったのは?

 

上司から、

又、怒られるのではないか?

 

隣の席の人が咳をしている。
風邪がうつったらどうしよう?

 

子供の帰りが遅い。
交通事故にあっているのでは・・・?

 

毎日、毎日、心配を繰り返しているうちに
未来に対しては不安から考えるのが
当たり前になってしまっています。

 

その思考回路のままで、
「あー、集客が出来なかったらどうしよう?」
「あのお客さんはクレームを付けそうな顔してる。」
「信頼していた社員がお客を奪って独立しそうだ。」
なんて、考えていると
事業計画に夢を盛り込むことはできません。

 

一度、自分の「枠」を外してみる。
思考のクセを変えてみることが必要です。

 

「もしも、宝くじで1億円当たったら」

 

「ドラえもんのポケットから、能力を上げる機械をもらえたら」

 

「あなたのメンターがなんでも手伝ってあげるよと言ったとしたら」

 

もしも、

あなたの望むすべてのことが上手く行ったとしたら
あなたの事業はどんなになっているか?

 

未来に不安を見るのではなく、
全てが上手く行ったとしたら、
どんな未来をあなたは描きますか?

 

さあ、
今日も楽しく生きましょう。

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事

協会ビジネスアカデミー