あれは最高だったよ。

「未来に判断を送る。」

後悔と言うのは、
いくつかの選択肢があって
その時、
選んだことが間違っていたと決めることです。

でも、
その時に別の選択肢を選んだ方がよかったかどうかは
絶対に分かりません。

なぜなら
人は同時にふたつの事を経験できないからです。

現実とは、
あなたの信じたことを映す鏡です。

そして、
その鏡を見て「悪い」と決めつけると
ずーと「悪い」現実を見続けることになります。

後悔した時に効く「魔法の言葉」があります。

「よし、これはきっとうまく行く。」

例えば、
恋人に振られたときに
これが、
最悪の出来事だと決めると全ては終わりです。

いつまでも、
過去の楽しい思いに引きずられ、
「ああー、あれが悪い。これが悪い」
と、いつまでも「悪い」現実を見てしまいます。

「よし、これはきっとうまく行く。」
と気持ちを切り替えると、
もっと素敵な人に出会えるチャンスが現れます。

そうすれば、
あの別れは、最高だったと言える日が来ます。

未来に判断を送る。

そうすれば、
未来のあなたは「あれは最高だったよ。」
と言ってくれます。

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事

協会ビジネスアカデミー