「運が良い人」とは選択しない人です。

「運が良い人」とは

「選択する時は、いつも正しい方を選ぶ」
のではありません。

 

「さて、どちらの道を選ぶか?」
と自問する人は、
その時点ですでにかなり運に見放されています。

 

「運が良い人」の眼には
道は一本しか見えていないのです。

 

「二つある」と言うのは
そう思い込んでいるだけ。

 

本当は3つあるのかもしれないし、
百あるのかもしれない。

 

でも、
「運が良い人」は

自分の進むべき道は一本しか見えない。

 

だから、逡巡しないし、
迷わない以上「決断」する事もない。

 

「運の良い人」は進むべき道が分かるんです。

だから、
どこをどう通ってもトラブルに巻き込まれない。
(内田樹)

私は運が良いです。

 

昔から、あまり、
岐路に立たされたことがありません。

 

だから、
そんなに「決断」したこともありません。

 

「まあ、こっちへ行くか。面白そうだし。」
と言う気持ちで、
いい加減に決めます。

 

「お前、大変やぞ。」
と言われて、
「ああー、そうかもね。」
と思うけど、まあ、決めたんだから何とかなるし、
何とかなってきました。

 

新しいことを始めるのに、
「決断」はいらない。

 

「よし、やってみよう!」

面白いと思えば、やってみる。

 

そう、
私は運が良いと決めています。

 

決めれば、
何とかなるものです。

 

未来は、予測するものではなく
未来は、創造するものです。

 

さあ、
今日も楽しく生きましょう。

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事

協会ビジネスアカデミー