「好き」の反対は「無関心」。

「好き」の反対は「無関心」。

「嫌い」は意外に「好き」に近い。

強い感情を感じた時に脳には記憶として残る。

脳の中では
「好き」と感じる部分と「嫌い」と感じる領域は近い。

もっとも、脳に記憶が残らないのが
無関心。

これは、感情が全く動かされなかったって事。

まあ、
「好き」と「嫌い」は紙一重。

「私、嫌われてるんです。」
と、嘆くよりも、
「わー、関心持たれてる。見込みあるんだ。」
と、タフに生きるほうが幸せ。

「芸人は嫌われて一人前。
強く嫌う人がいないと言うことは、
しっかり好かれていないことだから。」
と、ビートたけしが言っていた。

「好き」の反対は「無関心」。

「関心」を持たれている
あなたは「素敵」です。

さあ、
今日も楽しく生きましょう。

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事

協会ビジネスアカデミー