「変化させる力があるか?」

講座の目的は、

受講生をゴールに導くことです。

 

あなたが税理士で、専門家として
税法についての詳しいレクチャーをしたくても、
受講生の関心は、
どのように節税して、利益を残すことです。

 

痩せる理論を知りたくて、
ダイエットの講座を受けるわけではありません。
自分が本当に痩せられるのか、
リバウンドしないのかに関心があります。

 

受講生の悩み、問題が何かを

知ることが大切です。
そして、
あなたのセミナーが受講生を

変化させる力があることを
証明することです。

 

いくらすごいゴールを示しても、
絵に描いた餅ではダメです。
受講生に信頼感と安心感を

得てもらう要素は2つあります。

 

① 実績
事実をデータで示すのが最も説得力があります。
達成した人の体験談、苦労話、エピソードを示してください。

 

② 権威、ブランド
海外での実績、大学での検証データ、著名な企業の採用などです。
それと、官庁、公益財団、大学の監修・認定、後援です。

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事

協会ビジネスアカデミー