「やる」から「できる」

「できる」から「やる」のではなく、
「やる」から「できる」のです。

この仕事をやりたいのですが、
自信がないので、できません。
もっと、実力をつけてからチャレンジします。

実力が付いて「やる」なら、
チャレンジではなく、
ルーチンワーク。

「できる」かどうかわからないことに
「やります」と手を挙げることがチャレンジ。

「できる」ようになったと思ったときには、
その「できる」ことは、
みんなが「できる」ようになっています。

今、
知識はどこからでも手に入れることができます。

そして、
知識を持っている人と組むことは簡単です。
でも、
「私がやります!」と手を挙げる人は少ない。

【少ないものに価値が有る時代】

「やりたい人」はたくさんいる。

「やる人」は少ない。

あなたは、
「やりたい人」ですか?
「やる人」ですか?

さあ、
今日も楽しく生きましょう。

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事

協会ビジネスアカデミー