「なぜ、できないの?」 「なぜ、約束を守れないの?」

「なぜ、できないの?」

「なぜ、約束を守れないの?」

 

こんな質問を、
子どもに、
自分に、
してませんか?

 

それは、
質問ではなく、
尋問です。

 

尋問をされると、
脳は、
出来なかった理由を一生懸命探します。

 

そして、
出来ない理由を他人のせいにして
楽になろうとします。

 

だって、
誰だって怒られるのが嫌いだからです。

 

尋問を続けていると
出来ない理由をたくさんストックした
人間が出来上がります。

 

「どうしたらできるようになるかな?」

尋問を質問に変えれば
「できる方法」を脳は探し出します。

 

さあ、
今日はどんな楽しいことをしますか?

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事

協会ビジネスアカデミー