「どうしたらうまく行く?」 の前に、 「なぜ?やりたいのか?」

「どうしたらうまく行く?」
の前に、
「なぜ?やりたいのか?」

もし、あなたがお客さんから
「グランピングの事を調べて欲しい。」
と依頼を受けたら、どうしますか?

1.インターネットで検索する

2.キャンプに詳しい友人に問い合わせる

3.アメリカでのグランピング事情を調べる

4.実際にグランピングに行ってみる
色々ありますね。

そう、
この思考がHow思考
「どうしたらうまく行く?」思考です。

「どのようにしたら、上手く実行できるか?」

「具体的にするには、どうすればいいか?」

この具体的な戦略をいくつも上げ
実行できる人が
仕事ができる人と言われてきました。

これから求められる思考が
Why思考
「なぜ、やりたいのか?」思考です。

「なぜ、お客さんがグランピングの事を調べたいのか?」
と、問題そのものに疑問を持ってみる事です。

「その調査を何に使うのか?」
をお客さんに聞いてみる事です。

いきなり、
問題を全力で解くのではなく、
まず、
「問題そのものを考えてみる。」

問題をひとつ上から眺めて
考えるクセを付けることです。

セミナーも同じです。

お客さんが「ダイエットしたい!」
と言うからダイエットの講座をしても
レッドオーシャンに突入するだけです。

なぜ、
ダイエットしたいのか?

その人の目的を聞きだせば
本当はダイエットよりも
キレイに見える服の選び方を提案したほうが
問題が解決するかもしれません。

ターゲットをもっと、もっと絞り込むと
ライバルがいないマーケットが
あることに気が付くかもしれません。

悩みを聞きだせば
違う切り口のセミナーを
作り上げることができます。

「Why?」を
5回繰り返せば、
本当の問題点に行きつく。

と言われます。

お客さんの
本当の問題点を聞いてみる。

この習慣を身に付けると
ライバルとの争いから
一歩抜け出すことができます。

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事

協会ビジネスアカデミー