「あなたは何者なのか?」

スティーブジョブズは

このように語りました。

 

NIKEは、商品を売る店だ。
彼らは、靴を売っている。

 

でも、
NIKEのことを考える時、
ただの靴店よりも

もっと何か大きなものを感じるよね?

 

NIKEは広告では

決して製品について話さない。
別に、

エアソールについてなんか話さない。
どうして

NIKEのエアソールが、
リーボックのエアソールよりも

いいのかなんてことは
絶対に話にださない。

 

NIKEの広告にあるものはなんだろう?
NIKEは偉大なアスリートたちを褒め称え、
スポーツに敬意を払っている。

 

それこそが、
NIKEがやっていることなんだ。

 

 

ジョブズは、NIKEの戦略を通じて
「我々が信じているものを、伝えていくこと。」

の大切さをスタッフに理解してもらいました。

 

そして、Appleが

いかにWindowsより

優れているかを

宣伝するではなく、
次の2つのメッセージを

伝えることに絞った。

 

1. 「我々はいったい何者なのか?」を明確にすること

 

2. 私たち(Apple)は何のために働くのか?

 
このキャンペーンが始まり、

熱狂的なファンが再び生まれた。

 

「Think Different」

 違う見方をしよう。

 

さあ、
「あなたは何者なのか?」
「何のために働いているのか?」

を正確に伝えていますか?

 

 

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事

協会ビジネスアカデミー