「あがる」のは あなたが正常な証。

「あがらないコツを教えてください。」
「さあー?」

 

「えっ、全然あがらないでしょう。」
「いや。あがるよ。」


「うそ、そんなに見えませんけど。」

 

「あがる」と言う症状は、
セロトニンの過剰分泌で起こる。
脳内ホルモンの善玉の代表格。

だから、
人前で話すとか
面接に臨むとか
何か特別なことをするときに
セロトニンが出るのは、
必要なこと。

 

「あがる」のは正常。

 

「あがる」=「悪い」と定義しないこと。

 

「あがる」=「悪い」=『恐怖」となり、
嫌な過去を後悔し、
失敗する未来に怯えてしまう。

 

「あがった」と思った時は、
立ち向かう勇気の源、
セロトニンが自分を元気にするために
出てくれたと感謝すること。

 

「あがる」のは
あなたが正常な証。

 

そして、
新し事にチャレンジする
素晴らしい機会を積極的に
選んでいる自分を
褒めてあげてください。

 

「あがる」=「進歩する」

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事

協会ビジネスアカデミー